職業柄か?貯め食いが得意です。

私は長年看護師をしています。
勤務時間が不規則なためか、貯め食いが得意です。
そもそも貯め食いって可能なの?と聞かれる事がありますが、私の場合は可能です。

 

基本的には朝ごはんは軽いです。ラスクとかかじって適当に済ませちゃいます。
時間に追われず、昼食もしくは夕食が食べられる時は、ほぼ二人前食べます。
そういう胃袋になってしまったのでしょう。

 

とにかく、二人前たべないと落ち着きません。

 

仲良くなったばかりの友人と食事に行く時はあらかじめ断っておきます。
「私二人前食べるから驚かないでね!」と。体型はふつうなのでよく驚かれます。

 

一人分多く注文する事になるので店員さんに驚かれる事もあります。

 

そして普通の人より食べるスピードが速いようです。
2倍の速さで食べているようで、相手を待たせる事はありません。

 

親しい友人や彼氏には「早食いの大食いなんて、健康に良くないよ〜」と言われますが、
今のところ直すつもりはありません。と言うか、どうしたら良いかわかりません。

 

思えば、幼い頃から「たくさん食べなさい」と言われて育ってきました。
食べ過ぎだと怒られた事は一度もありませんし
ご飯の前だからと、おやつを控えるように言われた事もありません。

 

おやつもご飯もモリモリ食べていたように思います。
かと言って子供の頃から肥満ではありませんでした。決して細身でもありませんが・・・。
そんなところも影響しているのかもしれませんね。
それが普通だと思って生きてきました。

 

ところが私の彼氏の家は逆のようで、ご飯前のおやつなんてもっての外。
“食べ過ぎは体に毒”と教えられて育ったようです。
独身男性にしては珍しく、栄養のバランスに気を付けて食事をしているし
サプリを服用したりもしています。

 

なので、私の食べっぷりを見てとても驚いていますし、心配もしています。
そして私は、今の彼に出合って初めて気が付きました、我が実家の食習慣は普通ではない事を。
それが良いのか悪いのかは分かりませんが、とりあえず私は今のところ健康のようです。

 

ただ、これから年を重ね代謝が悪くなり、職場が変わる事だってもあるかもしれません。
結婚したりする事もあるかもしれません。

 

そうなった時に今の食習慣ではただのおデブさんになるのでは?と不安に思ったりもします。
毎食コツコツ一人前をきちんと食べるなんて、まったくできる気がしません。
体を壊すまでは無理かもしれませんね。
せめて彼氏を見習ってもう少し栄養バランスを考えた食事をしようかなと思ったりもします。

偏食でミネラルバランス崩れ更に偏食に・・・

私は子供の頃から少食で、偏った食事をしていました。
ここまで行くと偏食の域かな?と思います。
そんな私に、「ちゃんと食べて!まるで私が食べさせてないみたいじゃない!」と痩せてあばら骨がういた私の体を見てよく言っていました。

 

「うちは貧乏だけど、ちゃんとご飯はいいものを食べさせてるわよ!」と嘆いていました。
私は小さい頃から、キャベツの千切りや、サラダ、海草などは良く食べるのですが、炭水化物は脂質を取らないので、痩せていました。

 

まだ、魚は好きで食べるのですが、かなり量が全体的に少なくて、ご飯を特に食べないので、よく頭に葡萄糖がいきとどかずに、幼稚園でも意識を失い倒れていたため、先生が心配で家に来ていました。
でも当の本人は心配をよそに、倒れたことなど忘れて、遊びまわっていたのですが。

 

中学生の時は何かに目覚めたのか、甘いものも食べるようになったので、太りましたが、やはり元々の体質で、思春期が過ぎて大人になっても食生活が変わらず、野菜中心のご飯を食べないおかずもあまり食べない感じでした。
健康的に聞こえますが、とても体には悪かったようです。
ご飯を食べない分、糖分を取るので、余計体の調子が悪くなってしまいました。
毎日のようにケーキを食べたり、毎日食後にはデザートかおやつといった甘いものが欠かせないのです。
その頃外食も増えたので、あまりに体が気持ち悪いなと思うと、トマトやなすびやきゅうりやセロリを、ほとんど切らずにお皿に並べて、ごま油と塩で食べたり、お酢と塩コショウで食べたりしていました。

 

特に良くしていたのが、キャベツの千切りをボール一杯切って、オリーブオイルと塩とお酢等をかけて食べました。
キャベツ半玉分ほど一人でたいらげます。
それが一食分になるのです。

 

又、レモンもよく食べました。
スライスして皮を取って、味塩をかけて食べるのですが、それが癖になる味で、もう一玉も一玉と後を引き、3玉食べると胃が痛くなってました。
そんなこんなをしている時に、ちょっと変わった整骨院で、体とても悪いので、オーソというさぷりを進められて、体質改善をすることになったのです。

 

又、食事の取り方もやはり良くないので、見直して、ご飯を食べて甘いものを食べないようにすると、かなりの冷え性と肩こりだったのが、ほとんどなくなりました。

 

サプリもよかったようで、今ではかなり元気で、よくふらつきやめまいを起こしたり、異常な肩こりで悩まされていたのもなくなり、普通の生活が出来ているといっても過言ではないくらい、前の以上な状態からすると本当に健康になりました。
どうやら偏食のせいでミネラルバランスが崩れて変なものばかり以上に食べたくなっていたようです。

私の食習慣で周囲の人から驚かれること,

私の食生活で変わってると思われることが二つあります。

 

一つは朝食にヨーグルトを食べるんです。
これだけでいうと普通ですが、食べる量が普通じゃないようです。
いつも食べるのは大きめのサイズで400ml前後のものです。
サイズだけ言われてもピンとこないかもしれませんが、通常の小さいカップタイプの物は大体100ml前後程度なので、その3、4倍ぐらい一気に食べるわけです。

 

こういうタイプのヨーグルトで注意するのは、小さいカップのヨーグルトのように食べやすい味じゃないものが多いんです。
味がしないというか、糖分とか無駄な添加物がないという感じで、乳製品独特のコクや味わいを楽しめない人には食べるのはキツイと思いますし、しかも通常の3,4倍の量となると無理らしく、かなり驚かれます。
周囲の人は、それだけで食べるんじゃなくて、何かと一緒に食べるとかして一工夫して食べたり、それはファミリーサイズで一人で食べるものじゃないって反応をされます。

 

それだけ食べて健康は大丈夫?と思われますが、砂糖とかなくて食べにくい味付けの分、カロリーは低いので朝食代わりにちょうどいいってぐらいで特に太ったりしてません。
あと、大量にヨールグルトを食べることにより、腸までビフィズス菌が死滅せずに届くので腸内環境がとても良く、便秘にはほぼなったことがありません。

 

たまに便が出ない日があったとしても、翌日には出ますし便秘特有の硬くて黒い便が出るなんてことはないんです。
いつも茶色いやわらかめの便が出るので、便も全然臭くないですし、この食事方法を取り入れてから痔になったことがありません。
ただ、大きいサイズのヨーグルトって激安スーパーで買っても150円ぐらいはしますし、少し高めのものだと300円ぐらいします。
値段的には乳酸菌配合のサプリを購入したほうが安くつくのでは?と思ったりもします。
ヨーグルトが好きなら問題ないと思いますが、健康や便秘対策のためにヨーグルトを食べてる人ならサプリのほうが手軽に摂取できるしお安くなるのでいいんじゃないかと思います。

 

次に変わった食習慣と感じられるのは自分で作ったカレーの食べ方です。
普通の方はカレーを作ったらその日のうちに食べたり、カレーの調理は30分ぐらいしかかけないっていう人が多いようなんです。
私はカレーを作るのに最低半日はかけるようにしてます。

 

といっても作業は特にないんですが、寝かせる時間が他の人より長いんです。
作り方は基本的に市販品のカレールーを使いますし、作り方はカレールーの箱に明記してある順序にそって作ります。
下ごしらえをして煮込み、鍋が沸騰してきたと思ったらそこで火を止めて数時間寝かせ、その後煮込みながらカレールーを入れてまた寝かせます。

 

そして夏場ならある程度冷えてきたら冷蔵庫に入れたり、冬場ならそのまま放置して次の日まで寝かせ、食べるのは結局次の日以降になるわけです。

 

要するにカレーを作りながら、その日に食べるものは別に作らなければならないということです。
周りの人からはよくそんな面倒なことするなあと驚かれますが、作ったその日に食べきれず翌日に食べた昨日の残りもののカレーが美味しいって感じることがよくあると思いますが、最初からその美味しい状態で食べたいってことなんです。

 

少し変わった食習慣ですが、カレーならより美味しく食べれるしヨーグルトは腸内環境にも良いので、便秘に効果的なのでダイエットにも向いてると思いますので、興味がわいた人は参考にしてみてください。